2013年04月17日

スピーカーの修理

私の自作スピーカーのスピーカーユニットのエッジが破れてきています。

s-P1040194.jpg

30Cmのウーハーと16Cmと10Cmのフルレンジのスピーカーです。

メーカーはウーハーはFoster、フルレンジはTechnicsです。

s-P1040203.jpg

これらのスピーカーのエッジを取り換えます。

ネットで調べた方法でエッジを自分で作ります。

まずはダンボールの切れ端を用意し、スピーカーエッジの大きさの円をコンパスで描きます。

s-P1040212.jpg

コーナンで買ってきたバックアップ材(10mm、13mm、15mmの3種類)を半分に切ります。

半分に切ると言っても難しいので、直径に合ったパイプ等を利用してパイプに切り目を入れてカッターナイフをその切り目に当て写真の様にバックアップ材を半分に切ります。

s-P1040207.jpg

かまぼこ状になったバックアップ材をダンボールに貼り付けます。

s-P1040220.jpg

はってはがせるスプレー糊を使いダンボールに吹き付けて、そこに綿ジャージと言う布を

かまぼこ状を意識して貼り付けます。

s-P1040223.jpg

s-P1040225.jpg

次に、シリコンシーラントをラッカーうすめ液で筆で塗れるぐらいに薄めて綿ジャージの上に塗ります。

2回ほど塗れば良いと思います。

s-P1040231.jpg

s-P1040248.jpg

1日ほど乾かして不要な所を切り取り、のりしろを残しスピーカーのエッジ状にします。

スピーカーのコーン側を接着剤で張り付けます。

我が家の洗濯ばさみを総動員しました。それでも数が足らなかったので、一度に出来ず2回に分けて

貼りました。

s-P1040253.jpg

s-P1040257.jpg

エッジを本体側に張り付けて終了です。

s-P1040264.jpg

接着材を乾かしたりしたので、足掛け3日かかってしまいました。

綿ジャージを切るハサミは普通のハサミでは切れず、裁縫用の裁ちばさみでなければ切れませんでした。

バックアップ材を切る時はカッターを斜めにしなければ上手く切れません。

色々とノウハウがありました。









posted by ヤーヤーヤ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする